パーソナル変調方式の申請完了

11月1日に関東総合通信局へ変更申請したパーソナルコンピュータ変調方式デジタルモード
パケット通信
RTTY
PSK
アナログSSTV
デジタルSSTV
FSK441
JT2
JT4
JT44
JT65
JT6M
JT9
WSPR
GMSK
MFSK
FT8
の各モードの審査が完了し、1910KHzの電波型式がA1AからM3Aに変更された新しい無線局免許状が到着しました。
早速WSJT-Xで7MHz帯国内の7.041MHz(USB)でFT8で通信してみます。
FT-991Mの設定やらなにやらで手間取りましたが、無事QSOできました。
FT-991M内蔵のUSBオーディオ経由なので、SSB MIC SELECTをいちいちREARに切り替えないといけないんですね。
SSBで音声通話するときに毎回そこを切り替えないと・・・
あとSSBで通話する前提でアンテナSWRを7.100MHzあたりでSWR値が良いようにセッティングしてあるので、7.041MHzだと微妙にSWR値が悪い。
そこはFT-991Mのアンテナチューナー機能を使ってSWR値を下げました。
eQSLは既にアカウントを取ってあったので、JTalertを噛ませて自動でログを送ることに。
LoTWもアカウントを取るべく申請中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

西へ 20

次の記事

西へ 22