[アマチュア無線]自作のQSLカード

先日より、ぐんまちゃんだなんだと色々書いていたQSLカード
これが今私が発行しているQSLカードです。
それぞれ表裏
QSLCard1.jpg
QSLCard2.jpg
まず図柄の有る方ですが
こちらはまず背景に白地図 KenMapというソフトを使い、群馬県の外見と、新幹線、JR在来線、私鉄各線、市町村境のみを記した白地図を置いてます。
中心の○円があるあたりが自宅だということで、大まかですがその当たり在住ですw
その上に、自分のコールサイン 7 K 4 S X S を配置、上にはアマチュア無線QSLカードである旨と、日本・群馬県・渋川市 を英語で記載。
左側には、使っているリグやアンテナ一覧を小さく記載。
下にはZONE25,JCC1608,GLPM96LM と座標や市町村の情報を配置。
そして、右下にワンポイント ぐんまちゃん
個人利用は申請不要とのことでしたので、公開図柄をころころと気分で換えられるので、いつか違うぐんまちゃんの絵になってるかもしれませんw
さて、交信内容記載面ですが、これ自分でテンプレ一から作りました。
VISIO2000で(古っ)
図柄面もVISIOですがw
(ここでは住所の番地は非公開とさせてください)
windows10でも問題なく動いてますから喜としたいのですが、そろそろ花子あたりへ図形データ引き継げないかなーとちょっと不安に・・・
記載内容はほぼテンプレ化してますから、あとはペンで必要事項書き足していけば良いだけ、
チェックボックスや二重線消しで楽できるようにw
FT-991Mが増えましたので、電波形式やアンテナの型式等の選択項目が増えました。
もちろんリグも3台(FT-991,TM-241,FT-60)の3台がチェックボックスで並んでますので
使ったリグにチェック入れるだけです。
JSTとUTC、FM/SSB/CWの所は使ったところだけ残して、他は横線で消す形にしてます。
一応記載出来る内容はほぼ記載出来るようにはしてあります。
また、日本語、英語圏どちらにも対応出来るようにしてあるつもりです。
郵送でも送れるように180度回転で郵便はがき仕様にしてあります。
裏面のワンポイントとして、スタンプも押印してたりします。
CameraZOOM-20151220021629278.jpg
大抵右側のでかい楕円のを押しているのですが、郵送で送るような場合ですとでかすぎるので、左側を使う事になります。
この手のスタンプがオンラインで版面製作でき、数百円~千円代で、オーダーメイドで買えてしまうのは良い時代です・・・w
VISIOデータでこの送信情報欄のデータが欲しいって方が奇特にもいらっしゃいましたらご一報下さいw
私の個人情報だけは抜いた状態でのデータをお送り出来ると思います。
カードの印刷については、自宅にあるNECのレーザープリンタ MultiWriter 5750cで片面づつ印刷しています。
使っている無地のカードはコクヨのLBP-F3635
インクジェット・カラーレーザー両対応で、官製はがき程度の厚みと強度があるのでぴったりです。
1回に10枚程度印刷して、無くなったらまた印刷といった感じです。
なんせ月に数件しかコンタクトをとらなかったり、ノーカードでという相手方もいらっしゃり、なかなか減りません・・・w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。