NEC VALUESTAR VC500/7(PC-VC5007D)電解コンデンサの破損

NEC VALUESTAR PC-VC5007Dです。
チップセット脇にある電解コンデンサが3本ほどおしりからお漏らし。
P1000251.JPG
ニチケミKZG 6.3V 1500μF
ルビコンMBZ 10V 1000μF x2
外してみると黒い染み。
P1000252.JPG
溶剤で拭き取ります。
P1000253.JPG
この箇所のコンデンサの破損の原因ですが
コンデンサ横にあるPowerMOS-FET FDB6030Lが高発熱になることにより、隣の電解コンデンサが耐えきれずに吹いてしまうのです。
焼け石に水ですが、電解コンデンサをすげ替えた後、小さいヒートシンクをMOSFETに載せて暫定対処です。
どうもこの基板は設計が悪くてこのチップセット横のMOSFETが異様に発熱する。
続けて電源ユニット
AcBel製のAPI2PC52
P1000254.JPG
中を開けると4本ほどもっこり。(青ペンチェック済)
P1000256.JPG
Lelon製10V1000μFとTEAPO製6.3V1000μF
それぞれ交換です。
TEAPOの6.3V1000μFは他にもう1カ所使われてたので都合3本交換です。
この時期の製品は国内国外問わず電解コンデンサの劣化が著しいですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。