非AFTのHDDデータをAFTのHDDへフルコピーした場合

Core2Duo世代のチップセット搭載機で、Intel Rapid Storage Technologyのデバイスドライバが古い場合、AFTのHDDを使うとwindowsが異常動作することがあります。
本ブログの過去記事でも、NEC、東芝等のメーカ製PCでリカバリがうまく動かないことを書いてきました。
根本はIntelのサウスブリッジに搭載されてるSATAコントローラのドライバがAFTに対応していないからなので、そのドライバをバージョンアップして頂ければほとんどが解決します。
インテル・デスクトップ・ボード用インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー・ドライバー
Ver10.6.0.1022
https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?DwnldID=20707
今回遭遇したのは、Internet ExplorerやWindowsUpdateの誤動作です。
まず、IEについては、先に記載しました[IE]インターネット一時ファイルの保存先が空白 他 と同じ現象が発生しました。
また、WindowsUpdateを行おうとしてもエラーが発生し、0xC8000247とエラーコードが表示されます。
HDDの完全クローンでシステムの引き継ぎをされる際はお気をつけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。