ryzen 解禁

いやー、長かったです。
待ちました。
そしてすげー!
私はまだ買ってませんw
ということで、もうPC watchやASCIIや4gamerやマイナビで諸々ベンチマーク結果が出てきて、前評判通りの結果が出てます。
ASCIIの記者は前文でぶっちゃけすぎて笑ってしまいましたw
今のうちのメインマシン(というか今はほぼ古いネトゲ専用機、でもDelta TDIFが刺さっててDTMにも使う)の構成が
Phenom II X6 1100T
CFD/Elixer DDR3-1333 4GB x2
Intel SSD 510 128GB
RADEON HD5670
というそれなりに年期の入った構成
AMDとの付き合いはK6-233MHzに始まり
Socket7 K6-2 400MHz,500MHz
SlotA Athlon 650MHz,750MHz
SocketA Athlon XP1800+,XP2000+,XP2400+,XP2500+
Socket939 Athlon64 3000+,3200+
SocketAM2 Athlon64 X2 3800+,4200+,5200+,6400+
SocketAM3 Phenom II X4 965BE,X6 1100T
稼働はほぼ2台~3台の正・副・予備構成で、メインマシンを最高スペックにし、玉突きで2nd転用していく感じで降りていきました。
ASRockの939dual-SATA2や939SLI32-ESATAでCPUライザーカードを使って939→AM2と、AGP→PCI-Expressの移行が段階を置いて出来ました。
これは嬉しかった。
CPUソケットの変更やグラフィックボードのスロット変更は特別な場合を除いて同じタイミングでやらないといけないので、数少ない良いイレギュラーでした。
今でもまだそれらマザーボードと、箱は残ってますw
オキニのマザーボードは同じのを2枚/3枚買うことが多いです。
複数枚買ったのは
GIGABYTEのGA-5AX
ABITのNF7シリーズ
IWillのXP333
ASRockの939dual-SATA2と939SLI32-ESATA2
ASUSのM4A78PRO
これらは2枚以上買ってます。
記憶にあるのと、箱が残ってるのも含めて使った事のあるマザーボードは
ASUS M2N-E(NV)、M3A(AMD)、M4A78PRO(AMD)
ASRock 939A8X-M(ULi)、939dual-SATA2(ULi)、939SLI32-eSATA2(ULi)、890GX Extreme4 R2.0(AMD)、970Extreme3(AMD)
GIGABYTE GA-586HX(Intel)、GA-5AX(ALi)、GA-7IX(AMD)
ABIT NF7(NV)、NF7-S(NV)
EPoX EP-8RDA3+(NV)
IWill XP333(ALi)
傾向としては、ALI/ULiのチップセットを好んで使ってました。
nForce2のあたりはALi/ULiの空白期間だったこともあってEPoXやABITのマザーボードで凌いでます。
NVはM2N-Eあたりでケチが付きまして、ULiがNVに買収されるまではチップセットもグラフィックもGeForce使ってたりしましたが、それ以降はNV製品は一切手付けてません。
今はAMD8x0チップセット系のマザーをメイン(ASRock 890GX Extreme4R2.0)・サブ(ASRock 970Extreme3)で使ってます。
しかし、SocketがAM2→AM2+→AM3になっていくに従って用途がPhenomIIで事足りてしまうようになり、FXとfusionは完全にスキップしてしまった。
ということで久々に購買欲をそそられるCPUが出てきてくれました。
ただお財布との相談の結果、Ryzen5くらいで落ち着きそうです。
マザーボードはASUSのPRIME B350-PLUSにほぼ確定。
ウチの環境はPCIスロットが必ず必要なのです。
Ryzen5は第2四半期発売と言うことで、初夏あたりでしょうか。
待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。