[Windows10 1709] Trend Micro Internet Security 2009 のせいでアップデートできない

Windows10 1703からWindows10 1709 Fall Creators Update へアップグレードするに当たり、
WindowsUpdate経由では 0xc1900208 でエラー
DVDからの直接アップグレードでは
「これらのプログラムはアップグレードと互換性が無いため、アンインストールする必要があります。」
と表示され、内訳として
Trend Micro Internet Security 2009
が該当として表示され先に進むことが出来ません。
トレンドマイクロ提供の強制削除ツールや、Program Files配下のTrendMicroフォルダ、隠しフォルダのC:\ProgramData配下のTrendMicroフォルダもバッサリ切ったにも関わらず、引っかかったまま先に進めません。
解決のヒントとなったのはトレンドマイクロのコミュニティ
https://ja.community.trendmicro.com/tm_jp/topics/windows-update-1709
vbuster
TISPro
の文字列で根こそぎ検索をかけて、出てきたフォルダを消す。
今回のこちらのパターンだと、ユーザーフォルダ配下、デスクトップ直下に展開されていた
昔のBUFFALOのDriveNaviのユーティリティフォルダにあった体験版のウイルスバスター2009のインストールイメージ
これが原因でした。
いくらアンインストールツール使ってインストールされたプログラムを強制削除したとしても、インストール用のファイルまで検知対象になっていたら無理ゲーですわ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。